ンゴ~!!

  • 2018.09.22 Saturday
  • 17:20

みなさま、こんにちは。松山です。夏が終わりそうと思って(寒くなりそう、重ね着しよう)と思った瞬間、激暑さにやられ、インナーびっしょりの松山です。今日は暑かったですね。

 

そうそう、長野といえば… みなさま何を思い起こしますか? リンゴ?蕎麦?

リンゴ畑がいまきれいですね~!そばの花も咲いており、絶景をお約束します!!

 

最近は日本列島暑くなっちゃって(温暖化現象というやつですね!)、リンゴが北海道の名産になりつつあるそうです。実はこの情報、わたし今日聞いたのですが(ムフフ)。お米なんかも北海道で量産されてるようで、北海道ねらい目ですね!

 

しかし未だご健在はさすが長野県。私はというとですね。長野といえば「果物」なんですよ

 

リンゴ、ぶどう、すいか、もも、などなど。いや〜、くだものっておいしいんですよ!! いやいや、本当に!!

 

 

みなさん、こんな記憶ございません? 「夏はやっぱスイカやろ!!」なんて、海でどや顔してる思春期の自分。

 

そういえば自分の地元はこんなにきれいな海で(写真)、『うりゃ‼』とスイカを割る(写真)。チリンチリン(風鈴の音)聴きながらスイカ食べて、「夏ですね~」などと楽しんだものです。

 

(写真,れいな海でしょ?)

(写真)

 

くだものって私にとっては、少なくともその位置づけだったのです!!!雰囲気、その季節にただ食べるもの。

 

それが!! 長野県は松本市。ここはすごい。世界観変えてくれました。いや、果物観ですね。「うmま!!」(mは誤字ではありません!!)

 

リンゴ、うまいです!! ふじ、シナノゴールドなどなど、蜜しか入ってなくね?みたいな甘さです。(リンゴだけでこんなに差があるのに、花々を巡っては美味しい蜂蜜をどこでもコンスタントに作れる蜂さんはすごいと思う)

 

ぶどう、文句なし! 山梨もですが、うまいですね!! 昔なんか、デラウェアしか食べず大きなぶどうは種とるためにちょっとすっぱいぶどう食べなければいけないみたいなノリでしたから。

 

やはりイチオシは、すいかですね!! スイカ!! だって、スイカって本当に消化試合だったんですよ、自分の中で。その果物というか、食べ物というものにたいして「作ってる人がいる」ということを教えてくれたスイカさん、ありがとう。

 

これからは、この幸せ、全国に届けたいな届けたいな〜届けたいな~~… (こうご期待!!)

 

 

* * * * * * *

 

漫画の話しようと思ったのに、果物で書いてしまいました。

 

前回は、「普通に」ワンピ書いてしまいました。これからもどんどん出てくるとは思いますが、今回ご紹介する漫画はこちら!!

 

 

そう、沢村主人公の「ダイヤのエース」

 

この写真、甲子園でマウンドに上がれなかった沢村が甲子園の土(グランドではなく、ブルペンの土)持って帰るときの表情。

いや〜、この表情たまりません!!

 

普段はおちゃらけながら、練習は真剣。やる気十分、ちょっと小生意気。でも、盛り上げ役で明るく、そして優しい。といった青春時代を思い出しまくり、自分とだぶらせてくれる、はっきり言って「名作」です!!(個人的に、哲さんと御幸、監督好きですが)

 

 

これ、監督と哲さん(沢村一年時のキャプテン) → 信頼関係やばす。

 

御幸キャプテン(沢村二年時のキャプテン)

 

 

俺も頑張ろう!!ってなる漫画です。一度ご覧あれ!!自信を持ってお勧めします!!

 

 

 

本当にこれ言えるチームはすごいと思う。本当にこの子達、練習してるのです。

 

恋愛要素なんて本当に全然なし。幼馴染とかマネージャーとちらっとでもあるかなと思ったら、一切なし。はっきり言ってかっこいい。見た目チャラいのに、全然チャラくなく、かっこいいという新しいタイプの野球青年たちですね!! 誰でもすぐ採用しちゃいます!!

 

 

え? なぜブログのタイトルが「ンゴ〜」ですかと?

それはですね!! 沢村君のライバル、降谷くん(150キロ以上のストレート投げます)の球が「ンゴ〜」と唸りながらミットに収まるわけです。
こんな玉放ります。やばす。
沢村の18番は「お〜し!!おしおしおしおし!」と熱い野郎で、この二人(チームメートなのですが)、関係が最高です。クリス先輩や、二代にわたるキャプテン、同級生や後輩など、自分と重ねて「何が大事か」をきっと教えてくれるはずです。
「こんな監督なりたい!!」とも思えるはずです。(経営者必見!!)

というわけで、長野、いいとこです!!

 

(来週からちゃんと長野ネタと漫画ネタ書きま~す!)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック