お久しぶりです

  • 2018.10.22 Monday
  • 12:00

ど〜も。松山です。商品の見定めと仕入れのため、海外出張に出ておりました。時期が来ると、ゆいの心がこもった商品案内をテーマ別で行っていきたいですね。さてさて、実行なるか!! 楽しみですね。

 

前回の投稿から少し飛んでしまいましたが、引き続き「漫画からいかに学ぶか」という題材でお送りしましょうか。

 

今回はですね、「銀河」でも行きましょう。古っ!!と思ったあなた! 流れ星「銀」は、犬の物語ではあるものの、人生そのものを伝えてくれる名作なんですよ!

 

個人的には、字が多く、都道府県も多々出現し、犬と犬、犬と人とのつながりをありのままに伝えてくれるこの作品、小説並みの価値があると思っております。

 

熊が犬に倒される物語なんですけどね。その熊がどのような環境で心情変化してしまい、人を、犬を襲うようになったのか。犬がどのように棄てられ、暮らさねばならなかったのか。そういった問題をザクっと自分に突き刺してくれるこの作品は紛れもない名作だと思います。

 

そんな中、松山が一目置く方がこの方!紅桜さんです。

 

 

このセリフなんてやばいですよね。道しるべを付けてくれる先人。自分もそうありたいなと思います。

 

 

自分の犠牲を厭わず、若い世代に道しるべをつけることに己の人生(犬生)目標を定め、最後まで闘いぬいた紅桜。

 

今の時代が自分たちだけで勝ち取ったものではないこと、真摯に伝えてくれる名場面でした。

 

シリアスすぎました、すみません。

 

いや、前回そば祭りに参加させていただいたのですが、15回目の開催となったそば祭り、これを催した先人たちがいたんだな、と。

こういう方たちがいて、今も松本が、信州が光輝いていくのだろうなと、思った次第です。

 

 

どうですか?! この絶景。 国宝松本城が照らす人・人・人!!

 

何を求めて? そう、そばを求めてです!! このような人たちが集まり、活気がある街が形成され、その中で人々が生きていく。

 

松本ええとこや〜〜。って、言いたかったんです。

 

前回、そば祭りに関してはブログでつづってあるので、参照を。 ありがとうございました。

 

海外出張した成果を商品化し、みなさまにお送りすることができるとき! 感動の再開を果たしましょう!! よし! 頑張ります。

 

次回は、松本市民祭りで店舗出現予定。こうご期待!

 

松山でした。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック